PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【渡仏2ヶ月】まったくの初心者のフランス語・現状と対策

      2017/01/01

IMG_2194

渡仏から2ヶ月が経ちました。ここらで、ゼロからはじまったフランス語の現状について。

状況としてはフランス人と暮らしつつ、家でぼちぼち自習してるくらいの感じです。

 

スポンサーリンク

 

聞く力・話す力

今のところ、気を遣って話してくれるとなんとな〜くわかります。

理解の方法はほとんど単語からの推測です。英語と似てるものもかなり多いので。というか、英語がフランス語の語彙を取り入れたんですよね。

文法、動詞の活用はあまりやってないので、まだ話すのは難しいです。

 

単語の覚えぐあい

生活していると、必要な単語はまあまあ入ってきます。意味がわかればその場で覚える。よくわからなくても音を覚えていれば、単語帳を開いたときに「これか!あのやたら出てくるやつ」と膝を打って、すぐ覚えられる。

そういうわけで、初級レベルの単語を覚えるのはそんなに難しくないです。とにかく教材CD流したり、人の話聞いてれば、どんどんつながってきます。まあ、住んでるアドバンテージってこういうとこですね。

 

発音

rは自分でもよくわかるのでだんだん良くなってるんですが、母音いらないところに母音を置いてしまうらしい。Montmartre(モンマルト)Sacré-Cœur(サレクール)はセットで笑われます。

さらに、母音のeとuの区別がうまくできていないようで、よくつっこまれます。日本語の母音「う」は、彼らにはeとuが混ざった音に聞こえるようです。きっとそのせい。

発音は、まず聞いて区別できないと、真似しようにもどうにもならないので、フランス人にしつこく聞く(実演してもらう・チェックしてもらう)のがやっぱり早いと思います。

 

今後やらなきゃいけないこと

とにかく動詞の活用。これができないと始まらないっぽいです。動詞の活用を覚える+単語を覚える、がまず最初。かなと。

良いブログからヒントを得て、動詞活用については、なるべく複合過去・近接未来を使ったり助動詞を使って、覚えることを少なくすることにしました。そうすると、どの動詞のどの活用を覚えたらいいか、この動詞は現在形だけでいいとか、過去分詞が特殊なやつを書き出すとか、けっこう絞り込めます。難しい文法は聞いてわかれば十分。

それをやって、単語とあわせて、最低限の意思疎通ができるようにするというのが当面の方針です。他のルールはやりながら覚えつつ、ひととおり意思疎通できるようになったら、きれいにしていきたいと思います。

という初心者の話でした。うーむ、道のりは遠い・・・

 

スポンサーリンク

 - フランス語学習