PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【適度な】放っておいてほしいのにフランス人が積極的に励まそうとしてくる件【距離感】

      2017/04/30

P1220067

最近、鬱々とした日々が続いていたのですが、その中でフランス人(というか同居人)と日本人(というか私)のコミュニケーションのとり方の違いを発見しました。

原因はあれです、テロによる経済や観光への影響を悪く想像してひよった私が、一度は決めかけた進路について悩みはじめたからです。進路って、高校生じゃあるまいに。で、悶々として口数も少なくなると。まあちょっと聞いてください。

 

スポンサーリンク

 

日本人「しばらくほっといてくんない」

そもそも、私は細かく詮索されるのが苦手です。どうしても人に聞いて欲しいときは自分から切り出すタイプ。それ以外は生暖かく見守っていて欲しい、むしろ知らんぷりしてくれてもかまわないタイプ。

こういう時はあれこれ考えず、気晴らしをするのが一番だと思うんですよね。

無心で筑前煮を作ったり、食べたり、アニマックス見たり、本読んでみたり、おやつ食べてぐうたらしたり。おいしい煎茶に桜餅を食べながら、アニマックスで劇場版ガンダムが流れてたりすると、そのうち「ま、いっか」ってなったり、「ジィィィーーーク!ジオン!!」ってなります。

というわけで、必要なのは一人で楽しむ時間なんです。私、元気は自家発電するんで。

 

フランス人「悩みを僕に相談して!」

ところがフランス人ときたら、「近しい人に話して励ましてもらったりハグしてもらうのが一番!」とでも考えておるのか、人がyoutube見てウフフってなろうとしてるときとか、とりあえずふて寝しようとしてるときとか、ガンガン話し掛けてくるんですよ。言わないとわからないよ!とか言って。わかって欲しいわけじゃねーんだよ!

で、あーだこーだ、アドバイスだかなんだか、話を掘り下げてくるわけです。これがけっこうきつい。

なんとなく頭の中で「(´-`).。oO(いやだなー)」と思ってることを他人に説明するために言語化、っていうかフランス語化すると、「いやだなー」な気持ちが拡大再生産されるわけです。よりいっそうクリアにはっきりと「本当にいやだなあぁぁぁああぁ( ✧Д✧) !!」ってなります。結果、負のスパイラルにはまっていくと。

 

そっとしておいてくださいませ。

どうしてフランスにいると悩み事が長引くんだろうと思ったんですが、よく考えたらフランス人がつっこんでくるからだったんです。たぶん。八割がた。

そこで「ほっといたら大概治るので、つっこんだりほじくり返すのはやめてください」とお願いしたところ、フランス人は「それ、僕らの考えと逆!」とびっくりしておりました。ああ、どおりでな。

とにもかくにも、わかってくれたようで、今後は生暖かく見守ってくれることが期待されます。そう、ほっときゃいいの。何かしてくれるとしたら、おやつ買ってきてくれるだけでいいの。

IMG_2860【おやつ参考資料】ピエールエルメの、ドゥ・ミルフィーユとタルト・オ・シトロン(オランジュだったかも)

 

落ち込むこともあるけれど、私、この町が好きです

なんだかんだ言ってパリは楽しいので、先のことは考えすぎずにこのままがんばります。とりあえずフランス語をしっかり勉強することですね。いろんな可能性を模索しつつ。

今回の処方箋は、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・般若心経・小布施堂本店の栗ようかん(奥の手)でした。現在は元気です( ✧Д✧) !!

 

スポンサーリンク

 - フランス観察 ,