PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

2016年の目標は、よい習慣・よい身体・よい食物でいつも楽しくいること

      2016/09/12

IMG_1876

あけましておめでとうございます。やる気いっぱいです。

1月1日はさっそく言語交換に出かけ、今年の目標をフランス語と日本語で語り合いました。ブログに書いて実践して、って感じのほうが上手くいきそうなので、私の目標を勝手にここで発表しようと思います。

ちなみに言語交換の相手の抱負は、

  • 睡眠をとりすぎない
  • 運動をする(歩く、室内外で自転車をこぐ)
  • 言語を勉強する(日伊西独英)
  • 毎日絵を描く

だそうです。彼女はたぶん82歳くらい。こりゃ負けていられません。

 

スポンサーリンク

 

2016年の目標

そういうわけで、誰にも聞かれていない2016年の目標を発表。一年の計は元旦にありって言うしね!あっもう2日だ。

 

よい習慣を身につけること

行動と考え方について、良い習慣を身につけようと思います。

  • 日々やることをざっくり時間割にする
  • できると思ってやってみる

達成したいことを織り込んで時間割を作り、時間の浪費や無駄な夜更かし朝寝坊を抑えたい。

メンタル面では、2015年は今後について心配する時間が随分長くて、今考えればそんなのほとんど無駄でした。明日のことは明日自身が思いわずらえば良いので、余計なこと考えてないでできることやるべき。

 

よい身体づくり

運動の少ない生涯を送ってきました。体力はあると思うんですが、筋力がありません。いろいろ考えたら、やっぱり筋肉あったほうがいいですよね。X脚の膝にかかる負担を軽減したいし、逆上がりと逆立ちができなかったのは腕の筋肉が少なかったせいかもしれないし、代謝上げたいし、贅肉落として背筋を伸ばしてすっきりしていたい。

それと、ビジネス書を読んでいると、仕事ができる人はけっこうな確率で身体の管理もできてますよね。そこにシビれる!あこがれるゥ!ベストなコンディションでいるのは大切だし、前向きになりそうだし、自信もつきそうです。

そういうわけで、1月2日、人生で初めてスポーツクラブに入会しました。私と運動!これは新しすぎる。自分がどう変わるのか楽しみです。

 

よい食べ物をとる

料理は好きだし評判もいいんですが、今年は食材にも気を遣いたい。

フランスは日本よりもオーガニック食材を取り入れようという意識が高いようで、スーパーに「BIO(オーガニック)」のコーナーがあったり、BIO食材ばかりを扱ったお店もあります。野菜や果物、肉と肉加工製品、卵、乳製品、ワイン、調味料、お茶、お菓子など、BIOの食物はたくさんあり、緑色の四角の中に「AB」と書かれたマークが目印です。これが身体にもいいし味も良いというわけで、健康に気を遣っている人は少し値段が高くてもBIOを買っています。子どもがいる人は特にそうですね。

食に関してもうひとつ言えば、今年はフランスの料理にもっと挑戦してみようと思ってます。せっかく住んでるんだから、フランスの食を楽しむべき。

 

まとめ

私の目標の肝は「自分にとって快適なライフスタイルを実現する」ことです。

日本にももっと帰りたいし、フランスももっと楽しみたいし、好きなことしたいし、苦手なことはしたくないし、持ち物は良いものを少しでいいし、もっと旅したい。そのあたりを貪欲に追求していきたいと思います。

お金と時間の制約はまだまだあるわけですが、その時々でベストな方法を探りながら、その制約も減らしていきたい。こういったことを本格的に考えはじめたのはフランスに来てからなので、まだ始まったばっかりですが、いろいろやってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 - フランス生活