PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

ヴェルサイユ宮殿内のサロン・ド・テ「アンジェリーナ」で名物のモンブランを

      2017/01/02

img_4154

観光客がぐっと減った2016年の1月、はじめてヴェルサイユ宮殿内部を見学していました。

ルイ14世の肖像画を見て、鏡の間を通り抜け、見学があらかた終わるころ、著名なサロン・ド・テ「Angelina(アンジェリーナ)」のお店があります。なんと宮殿内部にあるんです。お店が。

パリのリヴォリ通りのお店には、その昔ココ・シャネルも常連としてしばしば訪れ、このお店のスペシャリテはモンブランとショコラ・ショー・・・というのは全く知らずに入りました。そんなフランス情報にうとい私による、アンジェリーナのランチレポートです。

 

スポンサーリンク

 

テーブルセットもお料理もシック

IMG_4154テーブルのセットはこんな感じ。落ち着いていて素敵ですね。

IMG_4160食事のはじめに、ビートルートとナッツとハニーのサラダ的なものを頼んだのですが、来たのがこれ。

ん?サラダ?これ?

お店の人に聞いたところ、これがそのサラダで間違いないとのこと。お、おしゃれすぎる!ケーキじゃん、ほとんど!サラダなのに菜っ葉わずか2枚!クリームが甘くて本当にデザートに近い感覚のサラダでした。こんなサラダが世の中にあるんですね。

IMG_4163私がメインに頼んだのはロレーヌ風キッシュ。とってもおいしかったです。ふわふわとした焼き加減で、味付けが絶妙。甘みと塩気のバランスが完璧です。

 

こちらがご存知、モンブラン

IMG_4165そしてデザートはモンブラン!大きい!

知人曰く「ときどき無性に食べたくなるんだけど、半年に一度でいいのよね」

私曰く「このモンブラン、おばあちゃんのカツラっぽいですよね、見た目」

食べてみると、見た目よりもボリュームあります。ということは相当です。味が濃いのでちょこちょこ食べる。ちょこちょこ食べるので減らない。下に進んでいくと、クリームと、メレンゲの焼いたのが敷かれています。わお、甘い。マロンクリーム部分とうまくミックスして食べましょう。

ここはショコラ・ショーも有名だそうですが、モンブランだけでもかなり濃くて甘いので、甘い飲み物を組み合わせたらちょっと危険かもしれません。飲み物は無糖で!

 

宮殿内に出店することの是非

宮殿見学とおいしい食事のあと家に帰り、お城至近のアパルトマンで育った同居人に一日の報告をすると

「宮殿内にアンジェリーナ?!歴史的建造物の中にまた商業的なものを作って!本当にもう!」

とはじまりました。スターバックスじゃないだけいいじゃないの、と優しく励ます私。彼の言うこともわかるけど、でもアンジェリーナだって観光客にとってはフランス文化みたいなもんだし、こういうことの是非については正直よくわからないのであります。

 

まとめ

アンジェリーナって、今まで全然知らなかったけど、有名なモンブランは濃厚でおいしかったです。ひとつ食べるのは大きいので、次回はだれかとシェアしよう。お食事もとても洗練された雰囲気で、楽しい時間を過ごせました。

お店には日本人のスタッフもおられます。お店が賑わっていてあまりお話できませんでしたが、やさしく声をかけてくださいました。

本日のお店

Angelina

Château de Versailles, 1er étage du Pavillon d’Orléans, 78000 Versailles

http://www.angelina-paris.fr/fr/

 

スポンサーリンク

 

 - カフェ・レストラン , ,