PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【セキュリテソシアル】会社経由ですんなり加入できました

      2018/08/21




carte-vitaleセキュリテソシアル(Sécurité sociale、国民健康保険的なもの)にようやく加入でき、カードが届きました。

 

フランス人からも

「セキュリテソシアルの手続きはねえ・・・」

と同情ぎみに言われていたので、これはまずいんだろうなと思っていましたが、案外さらっといきました。

 

すんなり加入できたのは、手続きをしてくれた勤務先のおかげです。

「手続きをしてくれるところで短時間でも働く」

たぶんこれが一番簡単です。

 

ということで、

  • 加入までの経過
  • 会社に提出した書類

を書きとめておきます。

 

セキュリテソシアル加入までの経過

手続きにかかった時間は短いほうらしいですが、それでも8ヶ月待ちました。

  • (15年12月:雇用契約を結んで働きはじめる)
  • 16年2月:会社にアシュランスマラディ加入の書類を提出
  • 16年8月:仮番号記載の手紙が届く
  • 16年9月:正式な番号と、カード用の顔写真送付依頼の手紙が来る。すぐ返信
  • 16年10月:カルトヴィタルが届く

 

手続きやお手紙のやりとりはアシュランスマラディ(l’Assurance Maladie)との間で行われます。

アシュランスマラディがやってるセキュリテソシアルってこと・・・でしょう。たぶん。

日常会話では単に「セキュリテソシアル」と言ってます。

 

会社に提出した書類

これは時期や地域によって変わるかもしれませんが、私の場合。

  • 戸籍謄本もしくは抄本のコピー
  • Acte de naissance
  • パスポートのコピー
  • 有効な滞在許可証、両面のコピー(OFIIで貼ってもらったシールも)
  • 直近3ヶ月の給与明細のコピー
  • 銀行のRIB

「Acte de naissance」は、領事館に戸籍謄本か抄本を持っていくと作ってくれます。

 

書類が一発で通った!

「提出した書類をなくされて再提出」

「追加で他の書類を要求された」

などいろいろ聞いて心配していましたが、ストレートに加入までいったようです。よかった!

 

書類提出から8ヶ月と待ち時間は長かったですが、おかげさまでフランス人も驚くほどスムーズに加入できました。

週に7時間しか働いてないのに、会社には本当に感謝です。

 

これでミュチュエルも加入できます

セキュリテソシアルに加入できたので、次は互助保険であるところのミュチュエル(Mutuelle)加入手続きに入っています。

これで歯医者や眼科など、いろいろなところで払い戻しがきくようになります。

来年はめがねつくるぞ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 移住手続き