PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

加藤和彦の「優雅の条件」がそれほど優雅でなかった件

      2017/04/16

img_5005いつか安井かずみについて書きましたが、その後やはり気になって加藤和彦のエッセイを読みました。その名も「優雅の条件」。これはなかなかに自信と勇気を要するタイトルです。

「優雅」、それはどうしたら近づけるのかいまいちわからない謎につつまれた資質。安井かずみと一緒に優雅な人生を送っていたらしい加藤和彦の言うところを参考にしてみよう、そう思って読み始めました。

しかし結論から申し上げると微妙です。参考になるようなならんような、ならんような。

 

スポンサーリンク

 

違和感1 ヨーロッパの知識が微妙

フランスをはじめとしたヨーロッパの知識が、ちょいちょい私のものと噛み合いません。人によって認識はさまざまではあるけれど、しかし。

  • 「(スイスではふつうの人でも)4ヶ国語位は平気で話す」:現在のスイス大統領はフランス語がそこまで流暢でなく、ゆっっっくり話すそうです
  • 「(スペインとの)国境のピレネーを越えたフランスのアクサン・プロヴァンス地方」:エクサン・プロヴァンスはどちらかというといろんな意味でイタリア寄りの気がする
  • 「外国ではよくこのクリスマスの雰囲気を楽しみたいがために25日が過ぎてもいわゆるお正月になっても1月の10日ぐらいまではこれを飾っておいたりする」:クリスマスは本来1月6日の顕現日までなので、雰囲気でデコレーションを延長しているわけではない

揚げ足をとるつもりで読んでるわけではないんだけど、つい。

 

違和感2 どうでもいいこだわりはあるのに重要なところが鈍感

  • 「細かく包装には注文をつけて持ち帰り」「ジン・トニックなどあつらえて(タンカレーにライムを添えてなどと注文は細かく)」

人間、どうしても好みや気分があって細かくなることは確かにあると思うんですけど、細かくしようとして細かくする人には注意が必要だと思う。なんか危険な香りがする。

  • 「メリー・クリスマス」と言ったら「ハロー」と返してくる「親友」がユダヤ人であった話

宗教とか民族的なバックグラウンドってその人の考え方を知るのに重要な項目で、ちょっと突っ込んだ話をしていればなんとなく想像がつくものだと思うし、そういうとこ探り合いつつ話し合いつつ親友と呼べる仲になっていくんじゃないかと考えるんですが、どうでしょう。

 

違和感3 西洋かぶれ

飲み物は「シャンペィン」にワイン、カクテル。服はイタリア。外国でのヴァカンス。ニューヨークとパリのお気に入りのレストラン。お正月よりクリスマス。

なんかこう、日本の要素が少ない。寂しい。

個人的には、自分の育った文化を土台に置きながら他の文化をおもしろがり、状況に合わせて双方を自由自在に引用したり応用して楽しむのが理想なので、こうも西洋のもので固められるとあんまりおもしろくない。まあ、好みですが。

 

違和感4 高い生活レベルへのこだわりが強すぎ

ヨーロッパに一ヶ月滞在するのにスーツケースがふたりで5・6個になるとか、ホテルは「事情が許す限りスイート」であるとか、トリュフを「シャンペィン」で蒸しあげてフォアグラと食べるとか、まあそういうことがあってもいいんですけど、しかしそんなことばっかりだなーと思う。

個人的には、いいレストランに行ってもそれなりの振る舞いができ、かと思えば壁紙の脂っこいラーメン屋で餃子をラーメンにインしても楽しめるのが理想なので、こうも高級なもので固められるとあんまりおもしろくない。まあ、好みですが。

 

まとめ

この本を読む限りでは西洋半可通疑惑です。ヨーロッパの知識が雑駁であったり宗教的なことに鈍感であったり、無邪気でざっくりした人のように思いました。優雅とか言わないで自然にしてたらよかったんじゃないかなあ。安井かずみの趣味に合わせた生活を送らなかったら、加藤和彦はどうなっていたんでしょうか。

本日の一冊

人生を楽しもうとする姿勢は素敵だし、いくらか参考になるところもあります。しかし加藤和彦は本を読むより音楽を聴いたほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

 

 - 本の話 ,