PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【ゆく年】2016年の振り返りと2017年の展望【くる年】 

   

img_63742017年も52分の1が終わりましたね。フフ。

突然ですが、2016年の振り返りと2017年の展望などを書いてみようと思います。

ちなみに写真は12月の終わりにロスコフの浜辺で撮ったものです。けっこう気に入っています。同じパターンで2019年まで準備してあります。フフ。

 

スポンサーリンク

 

2016年の変化

相変わらず地味なフランス生活のなか、伸びたパラメータは主に「かしこさ」「たいりょく」「けんこう」です。

 

フランス語がようやく使えるレベルになってきた

2016年1月に「到達目標B2」のクラスに入り、5月に無事ディプロムをもらえたので、なんとなくB2になった感じが・・・してませんでした。

しかしその後、いろんな人とぶっつけでフランス語を話しているうちに会話力が伸びたようです。最近はまわりには「そろそろC1」と言われます。何を根拠に言っているのかは謎だけど、まあコミュニケーション能力が上がってると言ってくれている模様です。

 

ジムに通ってみた

2016年は週1・2ペースでジムに行っていました。少し体型が変わった気がします。

夏に日本に帰った際、久しぶりに会った弟が「おしりかたい」と本気で笑っていました。二の腕も力を入れると筋肉がわかるし、パンツもすこーし余裕ができた感じがします。

しかし12月いっぱいでジムは退会しました。私のライフスタイルだとジムにコンスタントに通えないため、会費がもったいなく感じる時があったからです。ちょくちょくバカンスがあるし、今年の夏は2ヶ月半ぐらい日本に帰ろうと思っているので。

しかし体を動かすことの重要さに目覚めたので、youtubeでヨガ動画を見てやっています。今後はどこでもできる運動にシフトです。

 

オーガニックをより取り入れるようになった

渡仏当初はあまり考えていませんでしたが、今ではBIO(オーガニック)のものに興味津々です。

べらぼうに高くなければ、調味料関係はなるべくBIOのものを使うようになりました。オリーブオイル、アガベシロップ、マスタード、マヨネーズ、最近はじめてBIOの醤油を購入。スーパーでお菓子を買う時も、なるべくBIOの素朴なビスケットにしています。

お風呂上がりのボディケアは、やはりオーガニックのWELEDAです。ローズヒップオイルとラベンダーオイルを試しましたが、なんとなくラベンダーに落ち着きました。香りも人工的でなく気に入っています。

 

2017年にしたいこと

やはり伸ばしたいパラメータは「かしこさ」「たいりょく」「けんこう」です。

後者ふたつは2016年の延長でいいかなという感じですが、「かしこさ」は少し努力が必要になりそうです。TCFでC1をとれたら大学院に願書を出してみようかと考えているので、私の苦手な「毎日こつこつ続ける」系の努力が必要。そう単語の暗記です。おららー。

もちろん「かしこさ」は学校で勉強することだけではないので、哲学・歴史・文学など自分で本を読まないとと思うことがたくさんあります。

同居人との会話で頻出する哲学者、ニーチェ・スピノザ・フーコー・ドゥルーズ。フランス革命以後の歴史、下って共産主義と社会主義がぼんやりしてるのが特にまずい。文学についてもみなさん引用がお好きなようなので、モリエールとかコルネールとかヴォルテールとかボードレールとか、名だたる著者の名前と傾向ぐらいはおさえたい。

 

まとめ

今年も体に悪くない生活をしつつ、のらりくらりと「かしこさ」パラメータが上がっていけばいいなと思っています。それもこれも、フランスでの会話を楽しみたいがためです。会話の質は人生を楽しむうえで重要すぎるので。

 

スポンサーリンク

 

 - フランス生活