PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【Antony】またしても滞在許可証申請中のレセピセ更新【再開で混雑】

      2017/12/12




レセピセ(仮滞在許可証)更新のため、AntonyのSous-préfectureに行ってきました。

2016年10月7日、PACSを理由とした滞在許可証(vie privée familiale)の申請書類を提出し、その場で初回のレセピセをもらいました。それから実に6ヶ月!レセピセは3枚目です。

もうレセピセの更新も飽きました。というか、初回の申請だと日本に帰れてもフランスに戻って来られない可能性があると聞いたもので、結果が出るまで日本行きのチケットは買わないようにしているのです。早く帰る計画立てたい。会いたい人、参りたい墓、いろいろあるのに。

 

前回までのあらすじ

  • 2016年7月:滞在許可証申請の予約を取る(8時間待ち
  • 2016年8月:学生ビザの期限が切れる
  • 2016年10月:予約日に申請書類提出。結果は大体4ヶ月後とのこと
  • 2016年11月:Sous-préfectureで火事発生。2ヶ月閉鎖
  • 2017年1月:レセピセ更新一回目(10時間待ち
  • 2017年4月:レセピセ更新二回目(4時間待ち

もう合計22時間をpréfectureで過ごしている!恐ろしい。結果は2月ぐらいに出ると言われていましたが、もう4月中旬です。何の音沙汰もありません。

お前ら早く結果出せよおぉぉぉぉおおぉ

2ヶ月火事で閉鎖されてたからって、まさかその間まるまる遊んでたわけじゃないでしょうよ。

 

今回更新にかかった時間

  • 7h:préfecture着、列に加わる。98番目(あとで支援団体が数えていました)
  • 8h45:時間通りにオープンせず、列に殺気がみなぎる
  • 9h〜:少しずつ人が中に入っている模様
  • 10h:建物内に入る
  • 11h:レセピセ更新完了

火事のあとの再オープン以来、Antonyではレセピセ更新を金曜に限定しているようです。

こっちだって暇じゃねーんだよ

よって4月5日にレセピセが切れてしまったんですが、14日に行ってきました。その点はなにもつっこまれず、きわめて事務的に作業してくれました。

 

今後の見通しもありません

というわけで再び合法滞在になりましたが、火事の影響もあり、いつ結果が出るのか全く予想がつきません。みんなどれくらい待ってるのかなあ。ともかくこれじゃ日本にも帰れないし別の仕事も探せやしねえ。現状維持で待つほかありません。

googleの口コミを見たところ、ごくごく低レベルの争いではありますが、近隣のpréfectureのなかでもAntonyの評判が一番悪い。免許関連で1年以上待っている人もいるというありさま。

そりゃ怒って詰め寄るわ。

さらに、4月23日にはいよいよ大統領選挙もあります。大統領選があると

  • 審査が滞る(新大統領によって方針が変わる可能性があるため)
  • 審査が進む(方針が変わる前に溜まっている書類をやっつけるため)

という正反対の噂を耳にしました。これもまた謎。

 

Antony管轄は大変です

みんな、Sous-préfecture d’Antony管轄の地域にはなるたけ住まないほうがいいですよ!パリもその周辺もどこも大変そうではありますが、ここはその中でも特にひどいと評判です。

ちなみに、これまでの流れはこちらです。ご参考程度に。

【Antony】滞在許可証申請中のレセピセ更新【火事だってよ】

【2016年】PACSを理由とした滞在許可証申請に行き、レセピセが発行されました【Antonyにて】

【2016年】滞在許可証申請の必要書類リストと日時予約をもらうまで【Antonyにて】

【2016年】滞在許可証申請の必要書類あつめ【Antony郡庁の場合】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 手続きなど