PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

【2016年申請】PACSで滞在許可証が発行されました!【Antonyにて】

   

PACSで申請していた、滞在許可証(vie privée familiale)が出ました!

いやあ、よかった。これで夏、日本に帰れる。もちろんそれだけでなく、合法的なフランス長期滞在の第一歩を踏み出せた感。

しっかし長かったし手間がかかりました。他の人はどうなってるのかと思って、夜中までフランス滞在ブログをググり続けたこともありました。ということで、私のケースもまとめておこうと思います。どなたかの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

取得までの道のり

  • 2016年7月:滞在許可証申請の予約を取る(8時間待ち
  • 2016年8月:学生ビザの期限が切れる
  • 2016年10月:予約日に申請書類提出。結果は大体4ヶ月後とのこと
  • 2016年11月:Sous-préfectureで火事発生。2ヶ月閉鎖
  • 2017年1月:レセピセ更新一回目(2日で10時間待ち
  • 2017年4月:レセピセ更新二回目(4時間待ち
  • 2017年5月:滞在許可証受け取り(2日で7時間待ち

つまり、

  • préfectureに行った数:7回
  • préfectureで待った時間:29時間
  • 発行されたレセピセの数:3枚
  • 書類を提出してから受け取り可能になるまでの日数:220日(7ヶ月+10日)

ということになりました。

まあ、バイトの休みを取らなかったために途中で脱落したりもしたので、うまくやれば5回で20時間ぐらいには短縮できただろうとも思います。今更言ってもしかたないけど。

プラス要素としては、書類の追加提出などはなく、待ち時間が長かった他はスムーズに進んだこと。マイナス要素としては、AntonyのSous-préfectureの効率の悪さ(googleでの悪評ぶりは近隣préfectureを凌ぐ)、火事で2ヶ月閉鎖、大統領選が重なったこと、ですかね。

 

受け取った時のこと

受け取り当日は、やはり朝から列に並び、番号札をもらって待ちました。

窓口についたら挨拶もそこそこに、レセピセとパスポート、269€の印紙を提出。するとカード型の滞在許可証がすぐ出てきました。

やった!

それと、カードの記載事項についての簡単な説明が入った封筒を渡されて終わり。正味1分半。待ち時間は4時間半。とりあえずもらえてよかったけど、しかし、なんとかならんのかね。

 

健康診断も講座もなしです

ちなみにカード受け取りのとき、余分な会話はいっさいありませんでした。

更新の説明もなし、健康診断・移民用講座・語学講座などなど、そのあたりがどう処理されたのかの説明も一切なし。

健康診断は学生ビザを有効化するときにしたから、しなくていいのかも。語学レベルについてはソルボンヌ・ヌーヴェルの語学コースのディプロマを出してたからかな。しかし移民用講座を受けなくていいのだろうか。うーむ。ま、なにも言われてないしいっか。めんどくせーし。

 

とりあえず一件落着

なんにせよPACSで滞在許可証が発行され、残存期間も11ヶ月あるので、来年の2月ぐらいまでは平穏な日々が過ごせそうです。いや、運転免許証の書き換えもあるからそうもいかないか。しかしそれにしてもよかった。今の気持ちを一枚の画像であらわすと、

って感じです。同じ苦労をしている・もしくはこれからする朋友の幸運を祈る!

ちなみに、これまでの流れはこちらです。ご参考程度に。

【Antony】またしても滞在許可証申請中のレセピセ更新【再開で混雑】

【Antony】滞在許可証申請中のレセピセ更新【火事だってよ】

【2016年】PACSを理由とした滞在許可証申請に行き、レセピセが発行されました【Antonyにて】

【2016年】滞在許可証申請の必要書類リストと日時予約をもらうまで【Antonyにて】

【2016年】滞在許可証申請の必要書類あつめ【Antony郡庁の場合】

 

スポンサーリンク

 

 - 手続きなど