PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

フランス運転免許証への書き換えに備えて、AT限定を解除しました

      2017/12/12




今春、めでたく初回の滞在許可証を取得しましたが、そうなると一年以内に運転免許証をフランスのものに書き換える必要があります。

しかし私の運転免許証はAT限定。このまま書き換えるとフランスでもAT限定になっちまうらしいです。マニュアル車が主流のフランスでそれは不便。

右側通行に対応しつつマニュアル車を操ることなどできるのか?という疑問は置いといて、とりあえずチャンスはこの夏しかないので、日本滞在中にAT限定を解除してきました。

そんな、車好きでもなんでもない一般人による、素人感全開のAT限定解除の記録です。

 

入校前に問い合わせたほうが安心

まずは事前に自動車学校に問い合わせ。AT限定解除って需要が少ないのか、サイトに記載してあるのに実際はもう教習をしていないところもありました。

問い合わせで、入校受付の日時や必要なもの、金額を確認します。私の行ったところは教習料金が49800円(税抜)。審査に合格したら、免許センターでの手続きに1450円かかるとのことです。

補習と再審査の金額も事前に案内がありました。が、落ちる人は10人に1人程度だそうです。落ちたらいやだなー。

 

申し込んだら、いよいよ教習

教習1回目冒頭で、教官がクラッチとギアの操作について軽く説明してくれ、あとは実践。さっそく運転席に乗り込みます。

このとき、シートの位置が非常に重要です。マニュアル車はAT車よりも真剣にシートを調整しないと、クラッチ操作に不慣れな左足が生まれたての子鹿のようにガクガクします。教官にしつこく聞いてでも、正しくて運転しやすい位置を早めに把握したほうがいいです。

シートを調整したら、完全に忘れていた教習所のお作法をひとつひとつ指摘されつつ、やっとこ発進。運転は普通にできる前提なので、発進してちょっと走れるようになったらどんどん試験のコースをやっていきます。

 

とにかくクラッチをやさしく離すこと。あとは慣れ。

そんなに難しいことはありません。とにかく慣れです。気をつけたことは、このあたり。

  • 停止したら忘れずにギアをローに入れておく
  • 踏切の中でギアチェンジをしない
  • 坂道発進は、アクセルを踏み込む強さ・クラッチの位置を音で覚えて、ハンドブレーキを解除したら焦らずクラッチを離していくこと
  • S字とクランクはとにかく断続クラッチに集中。車両感覚は普段運転していれば問題ない
  • 方向転換はたとえ教官に嫌味を言われても、何本目のポールで止まってハンドルを切って的なコツを聞く。そのほうがクラッチとギアの操作に集中できる

いろんな教官に教わるうちに、とにかくクラッチ操作さえ慌てずにやれば、そうそうエンストしないことがわかりました。最初はもう、発進の時も、アクセルとクラッチの踏み込みをそれぞれ特定のレベルに調整することで何らかのケミストリーを起こして進み出すんじゃないかぐらいに思ってたんですけど、アクセルはわりと適当でよかった。とにかくクラッチの離しかただった。

予備知識ゼロで行ったわけですが、なにしろ教習が3時間+みきわめ1時間しかないので、とにかく教官に自分からどんどん質問したほうがよさそうです。私の行った教習所では、AT限定解除の教習が少ないためか教官によって指導にムラがあり、ときどき教官も私が何をわからないのかがわからないようでした。

 

心を落ち着けて審査を受けましょう

審査当日は、開始前に簡単な説明と注意がありました。いわく、

  • 脱輪しない
  • 信号や一時停止を見落とさない
  • 坂道発進でエンストしたら、後退しすぎない

ようするに、これらをやらかすと致命傷ってことですね。恐ろしい。言われると意識するあまり脱輪しそうです。しかしここまで来たらやるしかありません。

「試験に落ちても死ぬわけじゃない」

「試験に落ちてもお金を払えばまた受けられる」

「試験に落ちても私の人格が否定されるわけではない」

と自分を励ましつつ、深呼吸して、いざコースへ。普通に受かりました。

 

受かったら免許センターへ

受かったあとは、管轄の運転免許センターで手続きをしました。免許の備考欄にこういう印を押してくれます。 私は札幌なので、手稲の運転免許センターです。朝9時に行って、9時半すぎには手続きが済みました。免許更新のときみたいに警察でできるのかと思ったんだけど、だめみたいです。

なにはともあれ、これにて一件落着。今の能力で本当にフランスの道で運転できるかは別として・・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 手続きなど