PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

イヴ・ロシェのコスメを使ってみた感想(随時更新)

   



これまでに使ってみたイヴ・ロシェ(Yves Rocher)の商品の感想です。

 

ヘアケア

クリームシャンプー(Low Shampoo – Crème Lavante Délicate)

泡立たないので洗えているか心配になりましたが、流した瞬間からしっとりです。髪の毛に良い変化があり、とても気に入ってます。よければ「シャンプーと洗髪頻度を変えたら、髪がつやつやになってきました」もご参照くださいませ。

ヘアマスク(Réparation – Masque Nutri-Réparateur)

おまけでもらいました。髪を洗い流した後のしっとり感がアップします。きっと何かの役には立っているんだと思いますが、クリームシャンプーだけで十分満足しているので、あえて自分では買わないかな。

 

ハンドケア・ボディケア

ハンドクリーム(Crème Mains Hydratation Longue Durée)

なにかの種類のお花のようなはちみつのような香りで、はじめは苦手かもと思いましたが慣れました。べたつかずに手をつるつるに保湿してくれるし、量もたっぷり入っているのでどんどん使えます。結局リピート中。

ボディクリーム(Réparation – Lait Réparateur Karité Peaux Extra Sèches 200ml)

おまけでもらいました。こってりしたテクスチャーのボディクリームです。一度に乗せすぎると伸ばすのが大変なので注意。しばらく肌の表面に残る感じで、こってりと保湿してくれます。

ボディミルク(Lait Corps Sensuel Vanille Bourbon – 390ml)

さらさらして伸ばしやすいです。べとつかずさらりと保湿してくれます。バニラの香りが甘すぎず適度においしそうで、ポンプ式の容器も使いやすく、お気に入りです。

ボディスクラブ(Gommage Végétal – Toutes peaux)

スクラブ界にもいろいろあるようですが、私はこれで充分いい感じ。日本では湯船に浸かった後にあかすりミトンを使っていましたが、フランスのシャワー中心の生活ではこれがよさそうです。すばやくつるつるになります。

 

リップケア・フェイスケア

リップクリーム(Baume Lèvres Cerise)

色つきリップって楽だしいいですよね!ほどよく色がのって良い感じです。

マット質感保湿クリーム(Gel Crème Matifiant)

朝にヴェレダのスキンフードを塗ると顔がてかてかになるんですよね。当たり前か。でもこれを使うとやはりマットです。他にいいものが見つかるまではこれでいいかな。容器がチューブタイプなのも良いです。スパチュラいらずだし持ち歩きも楽。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 定番をみつける