PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

パリジェンヌ愛用のル・プリアージュ、たしかに軽くて使いやすいです

   



日本にいたとき、ロンシャン(Longchamp)の存在は知っていましたが、ル・プリアージュ(Le Pliage)の存在は知らなかったんです。でもパリに来てみると、パリジェンヌってほんっとにこのバッグを持ってるんですよ。

人と同じものをあえて買う趣味はないので「フーン」と思っていましたが、思うところあり、このバッグを買ってみました。

そうしたらもう、これが便利なことこのうえない。良いです。

 

軽いバッグが欲しい

ある日とにかく、荷物が重いのがいやになりました。学校のある日は教科書やノートで当然重いし、学校のない日でも、ちょっとした買い物をしてバッグに入れるだけでやたら重い。

「なんでいつも重いんだろう」と考えて、ふと気づきました。革のバッグ自体が重いということに。

そうか、じゃバッグを買おう。こんなのがいいな。

  • とにかく軽いもの
  • ファスナーで口がしまるもの

ファスナーで口が閉まらないと、スリに狙われたらいやですしね。ということで真剣に考えたら、ロンシャンのル・プリアージュに行き着きました。

 

カフェのテラスで品定め

そうと決まったら大きさと色を選びます。

サイズはもちろん大きいほうで、肩からかけたいのでハンドルが長いもの。問題は色です。定番の黒にするか、軽い感じでベージュにするか、それとも差し色で赤にするか・・・

という話を同居人にしつつ、パリ15区のLe Commerce Caféの正面テラスに座っていました。

そうしたらもう、ル・プリアージュを持っているパリジェンヌが通る通る。小一時間ほど座っていたら、ほとんどの色のル・プリアージュを見ることができました。その結果、赤(Garance Red)に決定。

帰国のときに空港で買おうと思っていたのですが、希望のモデルと色の在庫がなく、結局日本で買いました。

 

パリジェンヌが愛用するのもわかります

持ってみると本当に軽いです。これで目的の半分以上は達成しました。サイズも大きくてたくさん物が入るし、色も赤でよかったと思ってます。時々汚れがついてこすり落とすんですが、完全にとれないときもあるんですよね。ベージュだったら汚れが目立つかもしれない。

使い勝手もいいし値段も高くないし、悪いところはあまり思い当たらないです。強いていえば、中に仕切りがないので荷物が行方不明になりやすいことぐらいでしょうか。でもポーチなど使えばだいたい解決します。

そのうちもうひとつ、落ち着いた色も欲しいな。小さいのもいいかも。

でもやっぱり大は小を兼ねるし、大きいサイズがいいかも。日常生活で使い倒すことを考えたら黒かなあ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 定番をみつける