PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

「フランス人は10着しか服を持たない」は本当か?答え:人による

   



ミニマリスト的考えかたが好きなもので、ふと「フランス人は10着しか服を持たない」を読み返しました。

  • 一番いいものを普段使いにする
  • いつもきちんとした装いをする
  • ものを買わない
  • おやつを食べるなら体にいいもの

こういうところが好きです。でも、フランス人でなくても、きっと昔の日本もそうだったんじゃないかと思います。池波正太郎のエッセイで「むかしの日本人」が出てくる話なんか読んでいると、そういう気がします。

しかしアメリカ流大量生産大量消費文化のなかで育った私たちは、もはやアメリカ人の著者と同じように感心できてしまうってことかもしれません。

というわけで、この本はとくべつ斬新なことを言っているわけではなく、私にとっては新しいことを学ぶというよりも、こうしたいと常々思っていることを再確認できる本です。

 

マダム・シックのような人は多くない

しかし著者はまた極端な家庭に当たったもんですね。こんなご家庭パリにどれだけあるよって感じです。そりゃ、あることにはあるでしょうけどね。特に7区と16区はお金持ちが多くてわりとこういう雰囲気らしいですけどね。

とにかくマダム・シックの家事や食事への手のかけかたがすごい。なにしろ

  • 朝食は前日の残りの手作りタルトや自家製ジャムetc
  • 夕食は最低3品のコース
  • 買い物は毎日

ですよ。フルタイムの仕事を持つ人はこんなことできません。女性も普通に働くフランスでは少数派だと思うなあ。

そのマダム・シックのおいしい料理のほとんどがフランス料理で、「外国料理はあまり作ろうとしなかった」というのも、世界の文化が交錯する現代のパリではなかなか保守。

ところで私の観測範囲(偏りあり)内のフランス人は、あまり買い物に時間を使いたがりません。買い出しはまとめて済ませて、そのぶんの時間を他のことに使いたいと思っている人が多いです。

 

とある裕福で保守的な家庭でのお話

とにもかくにも著者のホームステイした家は、ホストの世代のせいもあるかもしれませんが、なかなか保守的な印象です。「基本的には家事に専念する妻」というのは、著者と同じ世代のパリジャン・パリジェンヌにとっては古いモデルなんじゃないかと思う。

でもこの本の主目的は「シンプルで上質な生活」ですしね。そういう意味では参考になるところがたくさんあります。

ただ、マダム・シックとその家庭は「一般的なフランス家庭」ではないし、どのみちこの本の原題は「Lessons from Madame Chic」だし、「フランス人は10着って本当?嘘?」などとこの本の内容をフランス人一般に敷衍して真剣に追究しなくてもいいことは確かです。うまいこと邦題つけましたね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 本の感想