PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

Bluetoothスピーカーをようやく買ったら便利すぎて手放せません

      2018/02/13



遅ればせながら、Bluetoothのスピーカーを買いました。

いやあ、これは便利。考えた人は偉い。

フランスの家にはいわゆるオーディオがなくて、USB接続の大きいスピーカーはあるけど、パソコンが拘束されるので使い勝手がいまいちだったんです。でも音楽を聴くのが好きなので、ひとりの時は好きな音楽を常に流していたい。

そんなある日、たまたまBluetoothのスピーカーを目にしました。広い庭の真ん中で、ジャズが流れている不思議。発信源は手のひらに収まるようなJBLの小さなスピーカーでした。

値段を聞いたら安い。そのわりに音がいい。スマートフォンとこのスピーカーがあれば、庭の真ん中で、ジャズを。

_人人人人人人人人人人_

>    未来すぎる   <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

そういうわけで、Bluetoothスピーカー入門のため情報収集を重ねました。ははあ、音がいいのとか防水とか、いろいろあるんですね。

でも相変わらずあまりこだわりがないので、お手ごろ価格のAnker SoundCoreにしました。

決め手は24時間連続再生。本当に電池が長持ちします。平日は一日あたり4、5時間つけっぱなしにしていることが多いですが、週に1回の充電で間に合っています。

パソコンで動画を見るときに使ったり、スマートフォンで音楽を流したり、落語を聞いたり、歌舞伎を聞いたり、日常生活で使うなら充分快適です。しかも360gと軽くて持ち出しやすいので、車にのせたり、田舎に持って行ったりして、どこでも使います。

今気づきましたが上位モデルもあるんですね。さらなる高音質だそう。

Amazonページによると防水対応で「海やプールなどのアウトドアシーンでも」使えるそうです。しかし海で音楽をかけるのもかけられるのも嫌だな。波の音が聞こえなくなるじゃないですか。日本の海水浴場って音楽とか放送とかうるさいよなー。

やっぱり上位モデルでなくていいや。

というわけで、Bluetoothスピーカーは生活必需品になりました。立派なオーディオがあっても、持ち運んで使うのにひとつはあると便利です。とくにおすすめしたいのはこれからワーキングホリデーや留学やリゾートバイトに行く人。荷物に入れておくと生活が豊かになります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 定番をみつける