PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

三大キャリアはさくっと解約して、一時帰国の携帯電話は格安スマホで

   



フランスに住みはじめてから4年ほど経ち、紆余曲折の末、docomoの「電話番号保管」を解約しました。

最近は一時帰国(1ヶ月は帰ります)のたびにmineoで契約していますが、無駄な固定費がかからないので、最初からこうすればよかったと思っています。

以下に詳細を書きとめておきますので、これから移住や赴任や留学する方のご参考になれば幸いです。

 

日本の携帯料金は高い

契約をそのままにしておくという考え方もありますが、そうするには日本の携帯電話料金は少しばかり高いです。

2018年9月19日の読売新聞の記事によると

調査したニューヨークやロンドンなど世界6都市の中で、東京が月額7562円と最も高かった。最も安いパリ(1783円)と比べると4・2倍に達した。

東京はパリの4.2倍!

フランスは携帯電話料金が安いなと思っていましたが、それにしても、それにしてもですよ。

ところで私はフランスでは、外出時にインターネットを使わない前提で

  • 通話2時間
  • SMSとMMS無制限
  • インターネット50MB

という契約をしているのですが、契約期間縛りなしで月額2ユーロ(260円くらい)です。

 

休止しても無駄無駄無駄無駄

しばらく利用しない人向けの「電話番号保管」というサービスもありますが、私が理解したところではこのサービスは

「一時的に使わなくなるけれど、その状況が終わればまた使い続ける」

という人向けです。

「時々使ってまた休止して」

という人には向いていないと、以下の経緯を通して感じています。

 

渡仏初期

日本の携帯電話番号を残しておいて、帰国のたびにそれを使うことにしました。

月々の請求金額を下げるためにインターネットの契約は切っておきましたが、それでも年間にするとまあまあの額を払っていました。

 

渡仏2年目

ほとんど使わないので、「電話番号保管」をすることにしました。

 

渡仏3年目

一時帰国のときに「電話番号保管」を解除しようと思いましたが、

  • 事務手数料がかかる
  • 新たに定期契約プランをはじめないと、「電話番号保管」をしたときに解約扱いになった以前のプランの解約金がかかる

ということが判明しました。

事務手数料は知っていたけれど、ふたつめはちょっと大きくないですか?

新たな定期契約プランも高いし、解約金を払っても高いし。

 

渡仏4年目

解約金のかからないタイミングを狙ってdocomoの契約を終了しました(海外から解約するのはなかなか大変でした)。

 

格安スマホで十分

「電話番号保管」を解除するのはどう転んでも高くつくことがわかったので、格安スマホを契約しました。

私はmineoにしましたが、三大キャリアより断然安いんですね。

フランスの携帯電話料金と同じ感覚です。

そのうえ期間の縛りもないし、MNPでなくて解約なら解約金もかからないので、今では一時帰国のたびに契約して解約しています。

 

「電話番号が毎度変わるのが不便かな」

などと思っていましたが、日本の友だちや知り合いも今やLINEやメッセンジャーで連絡してくるので、ほとんど関係ありませんでした。

 

まとめ

一年や二年の海外生活のあとで日本に帰る予定であれば、「電話番号保管」でもいいと思います。

それ以上に海外生活が長くなる場合は、日本を出発するときにいっそ携帯電話を解約して、一時帰国のときに格安スマホを契約するのがいいと思います。

私はわりとまとまった期間で帰るのでこうしていますが、帰国が短い人はプリペイドSIMを利用しているそうです。

 

(参考)

一度海外に出てしまうと、タイミングを見計らって解約するのはなかなか骨ですよ!

docomoを海外からやっっと解約できました!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 雑記