PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

パリの語学学校ACCORDでTCFを受けてきました

   



結局またTCFを受けました。TCFというのはフランス語力を測るテストで、日本フランス語試験管理センターのサイトによると

TCF (Test de Connaissance du Français) は、フランス国民教育省が認定した総合的なフランス語学力を測るテストです。点数に応じて受験者のレベルを、言語に関する欧州共通基準 (CECRL) の6段階で判定します。

というもの。DELFやDALFといったレベルを決めて受ける試験と違い、レベルを6段階で判定してくれるので、合否がありません。

試験結果は2年間有効で、教育機関によってはTCFの結果で出願を受け付けてくれるところもあります。

去年パリのアリアンスフランセーズで受けたのがいろいろと微妙で、TCFってなんか嫌だなあと思っていたのですが、ついついまた受けてしまいました。

でも、受験会場は変えました。本当はソルボンヌで受けたかったのですが時期が合わず、私立の語学学校です。これがまあ、去年と全然違ってびっくりしましたよ。

 

申し込みと持ちもの

今回はACCORDというところで受けました。パリ9区にある、わりと老舗らしい語学学校です。

私は必須試験の他に、補足試験の文書作成と口頭表現も受けました。前回は手書きでの受験でしたが、今回はパソコンで受ける方式です。

申し込みも支払いもメールで連絡します。重要なメールが迷惑メールフォルダに埋もれないように二箇所から送ってくれたりと、行き届いておりスムーズです。

当日の持ち物はconvocation・パスポートまたは滞在許可証・証明写真1枚でした。

 

試験の内容

ざっくりと試験の構成と、当日に出た問題。

必須試験

聴解20分、語彙・文法と読解65分で構成。全76問。

補足試験・文書作成

だんだん難度が上がる3題で構成。形式はその時によって変わると思いますが、手紙だとか投稿だとか、与えられたテーマを論じるだとかいったものです。

今回はだいたいこんな感じでした。

  1. 自分にとって「夢のアパルトマン」とは(最低60単語)
  2. 友だちと映画もしくは観劇に出かけた日のことをブログに書く(最低120単語)
  3. 同僚と友人関係を築くべきかどうか、二つの記事のまとめ(最低40単語)と自分の考え(最低80単語)

ちなみにコンピュータでの受験だと、文書作成もキーボードで打ち込みます。入力の得手不得手はあるかもしれませんが、自由に加筆修正ができるのは大きなメリットだと思いました。

補足試験・口頭表現

やはり3題で構成。基本的にはこういうスタイルです。

  1. 自己紹介(2分)
  2. 試験官とのロールプレイング(準備時間2分+3分ちょっと)
  3. 与えられたテーマについて話す(4分)

今回のテーマはだいたいこんな感じ。

  1. 自己紹介(2分)
  2. 家を買うにあたり不動産業者にいろいろな質問をする(準備時間2分+3分ちょっと)
  3. 海外で暮らすことは良い面ばかりであるか(4分)

 

試験会場の雰囲気がよかったです

今回の受験者は、なんと私ひとりでした。必須試験だけのときはもう少し多いようなんですが、アリアンスフランセーズと比べると規模が断然小さかったです。だからなのかなんなのか、とてもアットホームで人間的な雰囲気でした。

思えば去年のアリアンスフランセーズは殺伐としてましたね。必須試験と文書作成にまたがって試験官と延々もめてる受験者がいたり、口頭表現の試験官は初対面の受験者のパートナーをpetit françaisと呼んでみたり、その後も受験者のやりやすいようにサポートする感じでもないし、試験官の横に難しい顔をして座ってる謎の人もいるし、疑問がいっぱいでした。

ACCORDでは、こちらがやりやすいように気にかけてサポートしてくれているのが伝わってきました。口頭試験も、試験官がボイスレコーダーを持ってきて斜め向かいにパソコン越しで座り、「心配しなくても大丈夫!」と言ってはじまる感じ。

アリアンスフランセーズは上からきっちり「レベルを測ります」という感じで、ACCORDは「良い結果がでるといいですね」と横からサポートしてくれている感じの印象でした。まあ、担当者によっても違いはあるでしょうけどね。

とにかく、去年のTCFにはいい思い出がなかったので、今年は感じの良いところで受けれられてよかったです。これで結果もよければ最高なんですが、まだ総合結果を待っているところです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 言語学習