世界一のゲーマー・ウメハラ氏の人生の攻略本

2019年1月20日

ウメハラ本を読みました。

梅原大吾「勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの『仕事術』」

世界一のプロゲーマーによる「人生の攻略本」というキャッチコピーには笑いましたが、たしかにすごかった。

 

彼の試合の有名な逆転シーンがこれなんですけど、盛り上がりますね!

必殺技を無効化する難易度を私は知りませんが、一般人は体力ゲージがあそこまで減った時点で気持ちが負けますよねぇ。

 

スポンサードリンク

勝ち続けることが難しい

ウメハラ氏は「日本人初のプロゲーマー」です。

十代の頃から格闘ゲームが非常に強い人だったわけですが、彼のすばらしいところは「勝つ」だけでなく「勝ち続けている」ところ。

実際、「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」として2010年にギネス認定されてます。

その強さの秘訣を本を読んで勝手に短くまとめると

  • 練習
  • 変化

でしょうか。

練習についていうと、格闘ゲームというのはコマンド入力の精度が勝負を分ける世界なので、まず基礎練習の量をこなすこと。

それならできる人はたくさんいると思うんですが、ウメハラ氏のすごいところは、その上で戦術や技術をどんどん変えていくところです。

思いついたアイデアを片っ端から試していって、うまくいく方法を探したり、自分の得意なプレイスタイルを意図的にやらないようにしたり壊したりetc。

ということを、頭で考えながら日々やっているんですね。

その結果、「考えて練習する」ウメハラ氏と「ただ練習する」人の差がついてくると。

 

考えるから強い

ゲームでプロになるという新しい道を切りひらいたウメハラ氏ですが、そうなるまでには悩んだ時期もあったそうで、ゲームから離れて麻雀を極めたり、介護の仕事をしていたことが本に記されています。

しかしその後ゲームへのモチベーションを取り戻して、結果的にプロへの道がひらけました。

ウメハラ氏も迷いなしにプロまで進んできたわけではないのですが、そんな人生の過程でなぜかまた強くなっちゃうんですね。

どうもウメハラ氏の強さというのは「徹底的に考える人の強さ」のようで、ゲームを続けることにたいしての迷いも、最終的には自信やモチベーションに変換された模様です。

 

ゲーマーでなくてもおもしろい

格闘ゲームに馴染みがなくても、人生に向上心があればおもしろく読めます。

トップレベルで活躍する人って、業界が違っても同じようなことを言ったりしますしね。

 

私はウメハラ氏の本を参考にして、端唄の練習をしてみようと思います。

 

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク