1月6日はガレット・デ・ロワの日

1月6日はキリスト教の顕現日というお祝いで、読んで字のごとく救い主キリスト・イエスの顕現を記念する日です。

つまりフランスでは、ガレット・デ・ロワを食べる日です。

今年もみんな大好き冷凍食品専門店・ピカールで買ってきましたよ!

 

スポンサードリンク

ガレット・デ・ロワ(ピカール製)

180度のオーブンで焼くこと45分、そのあとちょっと冷まして切り分けます。

この中に「当たり」が入っていて、それを引いた人はその日の「王様」もしくは「女王様」になります。

よって、切り分ける人はあくまで秘密裏に作業し、ナイフに「当たり」がかつんと当たったらうまくこれをパイの中に隠蔽するなどの気遣いが必要です。

同居人は切る係で、私は選ぶ係。

パイの準備ができたらテーブルもととのえて、せーので食べはじめます(おいパイ食わねぇか)。

 

サクサクのパイ生地の中にアーモンドのクリームが入っていて、なかなかのお味です・・・と、何か発見しましたよ。

第1ラウンドは私が当たり!

今年の「当たり」は小さな雲のようななぞの物体です。

ということで私が女王様なので、同梱されているシャビーな冠をかぶります。

なんか照れちゃう、いやぁ私が女王様でなんかすみませんね。

 

しかしそこはカップル社会のフランス。

「当たり」を引いた人のパートナーもまた「王様」「女王様」なのです。

ってことは、私たちがふたりで食べてる以上、どっちが当たっても同居人が王様であり、私が女王様です。

なーんだ結果変わんないでやんの。

 

といいつつ、第2ラウンドでは「当たり」を持っていかれました。

どうも負けた気がしてやはりなにか残念です。

(同居人はガレット・デ・ロワが好物なので、今年もあと1回ぐらいは買いに行きそうです。)

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です