PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

どの言語を使うかによって、性格や物の見かたが違うそうです

   



「フランス語をフランス語らしく話すためには、『フランス語のエスプリ』を理解することが必要だと思う」と以前の投稿で書いたことがありました。

やっぱりそうだったんですよ。言語によって人格やふるまいが変わるという現象が、研究で証明されていたんです。

 

使用言語による人格の変化

(記事ソース:Comment parler une autre langue peut changer votre personnalité/LesEchos)

2006年にアメリカ・コネチカット大学での研究で、同じ人物の英語での人格とスペイン語での人格をはかるテストが行われました。具体的には、率直さ・親切さ・誠意・外交的かそうでないかなど。

テストでは、被験者の人格にかかわることが質問され、彼らの答えは使う言語によって違うものになったそうです。

  • スペイン語での回答:家族や友達や余暇の楽しみ
  • 英語での回答:これまでにやり遂げたこと、勉強のこと、普段の活動など

研究者はこの結果を、アメリカ社会はより個人主義で、個人の実績や自己の確立が重要とされるのに対して、スペイン社会では人のつながりがより重要であることとと結びつけています。

さらに英語・スペイン語話者でフランス語を学んだ被験者によると「フランス語を話すときはエレガントで洗練されているように感じる」とのこと。

言語とその言語が使われている文化との関係を切り離して考えることはできない、というわけです。

 

使用言語による物の見かたの違い

(記事ソース:使う言語が「世界の見え方」を決めている:研究結果/WIRED)

ランカスター大学での研究で、ある動画をドイツ語母語話者と英語母語話者に見せたところ、それぞれ動画について

  • ドイツ語話者「自動車に向かって歩いている人」
  • 英語話者「人が歩いている」

と説明したとのこと。ドイツ語を話す人たちは、その行為が何のためであるかも一緒に描写する傾向があるそうです。

そういえば、英語は動詞の役割が非常に大きい言語であるという話をどこかで聞いたんですが、この研究の結果からも「そうかも」と思えますね。

 

やっぱり言語と人格って関係ありますよね!

英語・ドイツ語・フランス語でもすでに違いがあるのに、日本語がそこに混ざった日にはもう大変なことになりそう。発想が違いすぎる。外国語を話している人と感じる距離感って、そもそもの発想の土台が違うせいなんですね、きっと。

それにしても新しい言語を勉強するって、違う視点を獲得することでもありますね。おもしろいことです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 言語学習