フランス生活

【渡仏8年のフランス語力】とフランス生活の適応力の話

フランスに移住してきて、かれこれ8年ぐらいになりました(厳密に言うと、そのうち日本に帰ってる期間が1年半ぐらいはありそうですが)。 そんなこんなで最近はフランス生活もなかなかこなれた感じになってきましたので、久しぶりの【渡仏○年のフラ...
フランス生活

フランスで修士課程終わりました。勉強で人間変わりました。

2021年12月、無事に修士課程が終わりました。 勉強になりましたね。いやあ勉強になりました。それはもう勉強になりました。 年間たったの300ユーロぐらいの登録料だけで学ばせてくれたフランスと、日本の無名地方私大卒から修士課程に編入させ...
フランス観察

フランスの素敵な生活の秘訣(art de vivre)についてのレポート

フランスにいると、インテリアのセンスがすごくよくて、生活のしかたにもセンスのある人をときどき発見します。 ...
こと

DQ5のデボラ様は主体的な女性像として案外良くないですか?

いや自分でもびっくりしましたね。デボラ様なんか完全にネタキャラだと思ってましたよ。 ドラゴンクエスト5はオリジナル版をやり込んで愛着があったので、もともとリメイク版は「デボラ?すごろく場?名産品?フーン」って感じだったんです。 ...
フランス生活

フランスの大学院、二年目前期で勉強したこと

前期の課題を出し終わりました!たぶん単位は全部取れた! ということで、フランスでの大学院生生活が二年目に入りました。 というか、後期は授業数が減るので、年間で受ける授業の半分以上が終了しました。 今年はなんといって...
フランス生活

【滞在許可証更新2020/Antony】必要書類と手続きまとめ

2018年9月に発給された滞在許可証(titre de sejour、vie privée familiale)の更新手続きに行ってきました。 その結果、今回も無事に更新ができたので、 滞在許可証更新までの道のり 予約...
フランス生活

フランスの大学院一年目後期:論文を書くことの効能

大学院一年目がたぶん終わりました。 「たぶん」というのは、自分のわかる範囲では落とした科目もないし必修セミナーも全部受けてるんだけど、万一初見殺しみたいな罠に引っかかっていたら、ということを一応心配しているからです。 早く最終結...
本の感想

『働く女子の運命』の不利さは個人でどうにかできる範囲ではない

かなり前に『フランス人女性が今の権利と自由を獲得するまで』という投稿をしたのですが、この弱小ブログにおいてこの記事が意外と読まれているようです。 女性の権利について興味がある方が、なんやかんや(=検索)でたどり着いてくださっているよう...
本の感想

岡田暁生著『西洋音楽史』はクラシック入門に最適です

さすがヨーロッパというかパリというか、こちらで暮らしているとクラシック音楽が身近です。 会話にもときどきこうした話題が出てくるのですが、私は完全に門外漢(漢ではない)なのでいつも残念な気持ちになります。 古典派、ロマン派、バロッ...
こと

モンティ・パイソンがマイブームですが万人にはおすすめしません

映画ってどうも長時間拘束感があって面倒くさいのですが、最近は外出制限で時間にゆとりがあるのでやまだかつてないペースで見ています。 ヒッチコックとかトリュフォーとかも見てますけど、とくに良かったのはモンティ・パイソンですね!(なぜそうな...
フランス生活

はじめてのフランスの大学院、一年目前期で勉強になったこと

12月5日からのストライキで交通手段が減りに減り、前期の授業はなし崩し的に終了しました。 学校に行っている間はなにがなんだかわかっておりませんでしたが、思うに、生うに、今学期はフランス的「テクストの読み方」を勉強した感じです。 ...
こと

小説は楽しむために読むとは限らないと言っても過言ではないのだ!

無駄に時効警察風です。新シリーズ見たいなー。 それはそうとして、タイトルはいちおう大学院の授業で思ったことの反映です。 もともと取る気はなかったのに、指導教官の先生が勧めてくれた現代文学の授業がおもしろくて 、テクストの読み方が...
フランス生活

フランスではじめての修士課程がはじまって思うこと

フランスでの修士課程が始まって2週間が経ちました。 この環境が当たり前になって忘れてしまう前に、雑感をいくつか書き留めておこうと思います。 学内システムを理解することがすでに勉強 大学院生活、いろいろと翻弄されております。...
こと

フランスで大学院生になりました(手続き全部終わってないけど)

しばらくブログをほっぽっていたのですが、そのあいだに大学院生になりました。 フランス滞在も通算およそ4年になり、今後のことをつらつら考えるにつけ「精神的にも経済的にも自立しないとフランスでの人生が楽しめない」という結論に達し、 ...
フランス観察

「フランスは階層社会なのか」問題についての雑感

フランス社会の階層っぽい点について、これまでそんなに気にせずに生きてきました。 なにしろ自分が一億総中流社会だった頃の日本に生まれ育ち、そのうえしがらみ少なめの北海道民、さらに札幌圏の新興住宅地という、世の中の階層を感じにくいところで...

人生で一番高価なタルトオシトロンをジャック・ジュナンで

ジャック・ジュナン(JACQUES GENIN)のサロン・ド・テに行ってきました。 私は素敵なパティシエやショコラティエなどほとんど知らないで生きているのですが、そのあたりいろいろ知っているお友だちが 「ぜひここのミルフィーユを...
本の感想

元ギリシャ財務大臣の「父が娘に語る経済の話。」がやたら面白い!

経済に無関心な人生を送ってきましたが、それはあまり良くないことのように思えてきました。 私は「人間は自由が大切」とばかりに場当たり的に生きてきましたが、人生にお金の話は必ずついて回るので、経済やお金への理解を深めることなしに「自由」は...
もの

Clarksの履きやすい靴で、パリをどんどん歩きまわるのです

最近、フランスではじめて靴を買いました。 靴が合わないと帰宅以外のことを何も考えられなくなるので、日本で買ったものを使い倒したり帰国時に買ったりしていたのですが、そろそろフランス生活も長くなってきたので探してみました。 その結果...
フランス生活

ルパンの活躍したエトルタで日帰り断崖トレッキング

ノルマンディーのオンフルールに滞在中、エトルタというところに行ってきました。 ここは独特な形状の断崖が有名で、エトルタびいきの画家にはモネやウジェーヌ・ブーダン、ギュスターヴ・クールベがいます。 作家ではモーパッサンやフ...
フランス生活

フランス生活で役立つ「問題を客観的に伝えてフェアに解決する」方法について

leboncoinというフランス人御用達売買サイトで中古カメラを買いました。 結果的にそのカメラは初期不良のためにお返しすることになりましたが、その際の心がまえや連絡のとりかたが日本と全然違ってとても勉強になりました。 基本的な...
タイトルとURLをコピーしました