PhiloFrance フィロフランス

語学力ゼロでフランスに渡ったどさんこが、いかにしてフランス語を学習し、フランス社会を観察し、フランス生活に適応していくかの記録。

*

米原万里のエッセイを読めば「外国かぶれ」という病気を防げます

   



プラハへ行った時は「ここが米原万里さんがソビエト学校に通った街か」と思って感慨深かったものです。

ロシア語会議通訳の第一人者で、ソ連崩壊のころは名だたる要人の通訳としてあちこちに顔が出ていたという米原万理さんですが、エッセイも小説もはずれなしの面白さ。

彼女は小学校3年から中学校2年まで、お父さんの共産党関係の仕事のためにプラハに滞在し、ソビエト学校で勉強して、いろいろな国籍の子供たちと過ごしながらロシア語を習得しました。

そんな米原さんの本は、彼女の経験が全部血肉になっていて、知識も視野も幅広く、そのうえユーモアのセンスが抜群。外国語を勉強する人にとって興味深いエピソードの宝庫です。

 

偏りを取り込んで偏らない「中庸」の偉大さ

手元にあるエッセイ集の「ガセネッタ&シモネッタ」から、ぐっときた箇所をいくつか抜き書きすると、

外国語や外国文化に接したときの病的反応には、それに夢中になって絶対化するか、逆に自国語と自国文化を絶対化するかの二通りある。(中略)そして不思議なことに絶対化の危険にさらされる度合いは、母国語より外国語の方が強い。/189ページ

ありますね!外国かぶれを見ると「こうはなりたくないなー」と思う。逆ベクトルの極端な日本贔屓を見ると「こうもなりたくはないなー」と思う。

ところで、まったく別のエピソードの中でこういう記述があります。

「中庸」とか「中道」と言うと、まず何はさておき、「極端を排し」と思われがちだが、本来は、むしろ極限の偏りをことごとく取り込んだ過酷にして懐の深いスケールの大きいものではないだろうか。それが、「中途半端」との本質な違いだと思う……。/80-81ページ

うーむこれはいい話です。

そもそも、彼女自身が日本語とロシア語、日本とロシアの偏りをゆたかに取り込んだ「中庸」ですね。このバランスの良さは、外国や外国語にゆかりのある人生を送る人にとって、というか私にとって、理想的です。

ロシア語の使い手だった米原さんはまた、外国語といえば英語に偏りがちな日本の傾向にも言及していて、「国際化=英語」とは別の視点に気づかせてくれます。

その時々、世界最強の(と勝手に思い込んだ)国イコール世界、そこの文化を世界一として一心不乱にそれを摂取するという性癖のことだ。/196ページ

言語は意思疎通のみならず思考の具でもあるから外国語習得は、常日頃空気のような存在だった母語による常識や思考形式を客観視する契機になるはずで、だからこそ本来外国語習得者の属性というべき批判精神や複眼思考といった特徴は、他の言語の通訳にはふんだんに見られる。なぜそれが英語通訳には感じられないのであろうか。/191ページ

むかし中国、いまアメリカ。日本は一心不乱にアメリカの文化と言葉を摂取してきました。

そこへきて米原さんのエッセイには、ソ連とその衛星国のエピソードがしばしば登場します。

ソ連といえば、とにかく列に並んだりそれから列に並んだりして暗黒なイメージがありますが、お金儲けを度外視して優秀な人間に学問をさせたり、芸術家を育てたり、資本主義ではなかなか難しいことができたんだな、ということがおかげでわかりました。

そんなためになるエピソードが満載の米原万里さんのエッセイは、日本と日本語だけに偏らず、外国をアメリカと英語だけに偏らず、もっと多くの視点を持つことの大切さに気づかせてくれます。こういう本を定期的に読んでいれば、批判精神や複眼思考が育って、極端な外国かぶれや日本贔屓になることを防げるんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - 本の感想