有名パティシエ、シリル・リニャックの素敵なケーキ

2019年2月5日

お友だちの家で一緒に食べるのに、シリル・リニャック(Cyril Lignac)でケーキを買っていきました。

同居人は相変わらず

「パティスリーはやはりピエール・エルメにとどめをさす、シリル・リニャックはテレビでの露出が激しすぎて下品だ」

とかなんとか言ってますが、華麗にスルーして16区のChaillotにあるお店へc’est parti !

 

スポンサードリンク

洗練されたデザイン

お店はすっきりエレガント系で、ケーキはどれもこれも美しいです。

さらに、この日接客してくれたお兄さんがとにかくすばらしく、あんまり愛想が良くてこちらが恐縮してしまう。

箱と紙袋はこんなデザインで、洗練されてます。

今回の箱の中身はこちらです。

右上から時計回りに、タルトオシトロン、エクレアキャラメル、エキノックス。

 

味が大事

大切に抱えてお友だち宅に着き、半分ずつにしてお皿に取り分け、さっそくティータイムスタートです。

結論から申し上げますと、おいしかった順は満場一致で

  1. タルトオシトロン
  2. エキノックス
  3. エクレア

となりました。

 

タルトオシトロン

見た目が斬新でびっくりだし、レモンのクリームが甘すぎず重すぎず、バランス良いです。

個人的にはタルトオシトロンは、タルト生地のさくさく感と、レモンのクリームの甘さと酸っぱさのバランスが重要なので、これはその点良い感じ。

 

エキノックス

ここのスペシャリテのようで、バニラ風味のクリームの中に、ビスケットに乗ったキャラメルが入っています。

全体的にとてもクリーミーでおいしいのですが、濃厚すぎて半分でもちょっと飽きるかな、私は。

 

エクレア

友だちいわくクリームがちょっと濃すぎで、私は生地がもっとさくさくでもいい派でした。

エクレアに関しては、ルーアンのYvonneというお店のものをときどき食べるのですが、さくさくした生地がおいしくて、私にとっての理想形は今のところそれなのです。

 

食べ比べは楽し

はじめてのシリル・リニャックは、タルトオシトロンがおいしい!という結果になりました。

しかし小さなケーキ3個でも、ずいぶん立派な素材の箱と袋がついてくるので、ケーキ代にいろんなものが入ってんのなとか、毎回この包装だと資源の消費すごいなとか思ったことも事実。

まあなんというか、話題のパティスリーにとって、デザインや雰囲気がどれほど大切であるかを思い知らされました。

 

とかなんとかいいつつ、次はお友だちとどこのお菓子を食べようかな。

 

シリル・リニャック(Cyril Lignac)のお店のサイト

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク