日本人が苦手な「問題を客観的に伝えてフェアに解決する」方法について

2019年3月2日

Le bon coinというフランス人御用達売買サイトで中古カメラを買いました。

結果的にそのカメラはお返しすることになりましたが、一連の経験は今後にすごく生かせそうです。

ということで、物やお金をやりとりするときの注意から、問題があったときのフランス式の心がまえや対応のしかたなど書きとめておきます。

 

スポンサードリンク

きっちり確認するのはお互いのため

引き取りは売手のお宅だったので、そこで写真を撮ってみたりパソコンに転送してみたりと動作を確認して、お金を支払ってカメラを受け取りました。

が、家に帰って間もなく、メニュー画面呼び出しのボタンがときどき正常に動作しないことが判明。

しつこく全部のボタンを押して、写真を撮る以外にもセッティングから何から、しつこく確認したらよかったんですね。

そうすればあるいは問題を事前に発見できたかもしれない。

私はたぶん無意識に、

「相手が『良い状態』とアノンスに載せているし、いい人そうだからそれを信用しておこう」

「あまり根掘り葉掘り確認するのもどうかな」

と思っていたんですね。

でも、きっちりと状態を確認するのは問題をあとから発見しないため、それによってお互いに時間を無駄にしないために必要なことだとわかりました。

 

不都合は感情抜きで事実のみ伝える

「動くっちゃ動くし、でも変っちゃ変だし、しばらく我慢してそのうち直そうかなあ」

などと思っていたのですが、同居人に言うとやはり

「そういう問題ではないので売主にコンタクト必須」

となりました。わかってた完全にわかってた。

でも私はこういう案件が非常に苦手で、つまり相手に残念な気持ちを起こさせる可能性のあることを言うのがものっっっすごくいやなのです。

しかし意を決して先方に連絡することにしました。

その際、事前に同居人と

  • 「すみません」
  • 「申し訳ありません」
  • 「残念ながら」

というワードは必要ないことを確認。

というのも私は日本人の習性で、挨拶がわりにそういう言葉を冒頭にくっつけそうになる自覚があったためです。

「大変申し訳ありませんが、先日のカメラの件で」

とかすごく言いそうですが、それはなし。

ただ淡々と丁寧に、

「問題を発見したので、なるべく早いタイミングで再度お会いしたいです」

と言えば十分。

 

自分を犠牲にしない

こちらからの連絡にたいして、売主は

「一緒に確認したのに、問題があったんですか?」

と驚きを隠さなかったものの、また時間を設定してくれました。

お宅に伺った際も、

「すみません、実は問題を発見してしまいました・・・」

ではなく、

「こんにちは、問題があったのでもう一度お伺いしました。というのも云々」

といった感じで、申し訳なさゼロで事実を淡々と伝えます

そこでもう一度動作させてみたら不具合が確認できて、あら本当だすみませんねとあっさり返金してくれました。

なんだ、普通にできましたよ。我慢しなくてよかったんだ

相手もいい人で助かりました。

 

今回学んだこと

ということで、今回勉強になったこと。

  • 物やお金をやりとりするときは、お互いのためにもきっちり確認
  • 問題があっても自分を犠牲にして解決しようとしない
  • 問題を伝える時はへりくだらず、丁寧で客観的な態度で

それから、

  • ガジェット系の中古に手を出すなら、できるだけ保証期間の残っているものを!
スポンサードリンク
スポンサードリンク