はじめてのフランスの大学院・前期で勉強になったことまとめ

12月5日からのストライキで交通手段が減りに減り、前期の授業はなし崩し的に終了しました。

学校に行っている間はなにがなんだかわかっておりませんでしたが、思うに、生うに、今学期はフランス的「テクストの読み方」を勉強した感じです。

というのも、いつも通りに本を読んでいるようでいて前とは違う読みかたをしていることに、ある時ふと気づいたのです。

ということで、はじめてのフランスの大学院・前期で学んだことまとめです。

 

スポンサードリンク

テクストを読むということ

今まではあれこれ考えずにただ読んでいましたが、授業と課題を通して、以下のことがわかりました。

  1. 「lecture(読むこと)」は書き手と読み手がそろってはじめて実現する活動で、読まれないテクストにはテクストとしての意味が生まれない
  2. 「著者の問題提起・議論の組み立て・結論+テクストに内在する問題/テクスト内で触れられていない問題」を意識して読む

こういうことを学んだ結果、

「あ、読み手のキャパシティって超大事なんだな」

と読み手としての自分を反省したため、村上春樹を今までのようにディスることが一旦できなくなりました。

ただし、「どんなテクストにも読み手のキャパシティ次第で等しく価値がある」とまでは考えないほうがいい気がするので、今後また新たにディスる可能性は否定しません。←

 

先生の質がほとんどすべて

今回はもう、先生の重要さを痛感いたしました。

授業で取り扱う事柄への興味の度合いより、授業を受け持つ先生のキャパシティのほうがよっぽど重要です。

つまり

素晴らしい先生による興味ない科目の授業>>>>越えられない壁>>>>イマイチな先生による興味ある科目の授業

です。

明らかに優秀な先生を見て、先生の重要さがよくわかりました。

興味ないねと思ってたけど授業を受けたらおもしろかったし、おもしろいと思って聞いている間に勉強になっていたのです。

なるほど、「どの先生に指導してもらいたいか」基準で大学院を選ぶ人は至極正しいのであった。

 

フランス語能力のこと

それからフランス語能力について。

私はTCFのC1を提出して学校に入ったのですが、なにが問題って特に書く能力です。

テストとレポートがきっつい。とくに時間制限のあるテスト。

日本語で書く能力とフランス語で書く能力に差がありすぎて、「これ日本語だったら時間内に終わって見直す余裕までできるのに、ちくしょい」とか思いながら、最後が殴り書きになって推敲なんて夢のまた夢、みたいな答案を提出するときのかなしさ。

母語がフランス語に近い人はC1ぐらいでもいいのかもしれないけど、そうじゃない人はC1でも相当大変じゃないかと思います。

さらに、聞く能力にも問題はあるんですけど、そちらは少しずつ慣れてきます。Heureusement.

重要なことは何度も繰り返されたりするし、先生の話し方・言葉あしらいにもパターンはあるし、全部わかるようにはならないにしても、学校に行っていれば上達します。

 

まとめ

フランスの勉強のしかたを知りたくて学校に入ったところが大きいので、とりあえずいろいろ勉強になってよかったな、と思っています。

ただ、単位が取れてるかは謎です。とくにあのあれ。テストでやっちまった感のあるあのあれ。

それにしても、どこの馬の骨ともわからない日本人を大学院に入れてくれて、登録料(日本円で3万円くらい?)だけで授業を受けさせてくれるフランスは本当にありがたい。

「勉強したい人が勉強するのは当然の権利である」という考えかたが、世界のどこでも普通になればいいのにな。

 

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です