【渡仏1年のフランス語力】初歩からB1になりました

フランスに住みはじめて1年ちょっとが過ぎました。

フランス語力ゼロで渡仏したので、現在のフランス語力はまだまだ迷いの森状態です。

ただ順調に勉強はしていますので、上達レポートをお送りしたいと思います。

 

スポンサードリンク

初心者からB1になりました

渡仏以来、ソルボンヌ・ヌーヴェルのフランス語コースDULFに2学期分通いました。

そこのディプロム基準だと、

  • 2014-15年度前期:A1相当
  • 2014-15年度後期:B1-相当

という感じで上達しています。

 

これまでの語学環境

渡仏前は、日本で

  • 「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!」
  • 「これなら覚えられる!フランス語単語帳」

という本を読んだのみでした。

フランスでは、滞在を始めた時点からフランス人と同居です。

住みはじめて半年後に語学学校に通いだし、それから1ヶ月で、家での会話をむりやりフランス語に切り替えました。

 

語学学校でかなり上達

やっぱり語学学校に行くと伸びますね。

まったくの初心者なのにA2レベルのクラスに入れられてしまって大変でしたが、「自分のレベルより高いところにいるほうが伸びる」と友だちがはげましてくれたので、A2レベルに通い続けました。

前期はA1相当のディプロムしかとれませんでしたが、後期はクラスメイトたちと同じB1相当のディプロムを取得できました。

渡仏と学校が始まるタイミングが合っていればもっと早く上達していたかもしれませんが、学校に入るまでの間に「わからないながらもフランス語を聴く」という蓄積ができたという利点もありました。

「スペルはわからないけど発音はこれ」という感覚があると、綴りがわからない分そのまま音を再現しようと努力するので、その後の発音にいい影響があったのではないかと思います。

 

日常会話は最低限

最低限の日常会話はできるようになりました。全くフランス語を話さない人から見たら喋っているように見えるみたいです。

でもあまり難しい話はできないし、上手な人から見れば、文法や語彙など大変なことになってます。

フランス語で流暢に会話を楽しんだり仕事をしたりするまで、まだまだ道のりは遠いです。

 

渡仏1年でこんな感じです

渡仏1年でフランス語らしきものを使うようになりましたが、まだまだ勉強することは山積みで、実用レベルになるまではもう少しかかりそうです。

 

ちなみに、渡仏前に読んだ参考書がこちらです。

人生でフランス語になんの縁もなかったので、小難しい教科書より断然とっつきやすくて助かりました。

 

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある! [改訂新版]《CD付》

 

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク

2件のコメント

  1. こんにちは。
    先日のビザの件のあやです。
    今日も朝からプリフェクチュールのサイトと戦っていましたが、全く動きがありません。
    いいご報告ができるといいのですが。

    気を取り直して、、
    言語学習について、だいぶ前からブログ参考にさせていただいていました。
    私もフランス語ゼロの状況でフランス人との結婚によりフランスにくることになり、
    (オフィーのテストでは合格せず、100時間の講習が義務づけられたほどです)
    6月から語学学校に通い始めました。
    2回のテストには無事合格し、今年からB1になったのですが、急に難しくなって、
    本当に自信喪失しています。。。
    ここまでは、英語の勉強のおかげでトントンとこれたけれど、B1からは
    そういうわけにはいかなそうですね、長くとどまることになりそうです。
    早くもスランプ?!といった感じで鬱々としていましたが、しほさんの記録を読むと、
    まだまだ先は長いし自分のペースを守りながら続けよう、と思えます。
    フランス語やめるときがくるのなら、それは離婚するとき?!みたいな。

    しほさんには、そんな頃もあったなぁ〜フランス語、なんて、そんな風に思っていただけたら
    幸いです。笑
    はい、まだまだ生きづらいです、フランス。笑

    1. あやさん、こんにちは!

      フランス語ゼロで来ると大変ですよね〜。
      最初のころは言葉が全然わからなくて、フランス人の集まりとかすごく疲れた記憶があります。

      B1ぐらいまでは文法をやってれば普通にたどり着きますけど、B2が射程に入ってくると突然難しくなりますよね?
      語彙を増やさないとなかなかレベルが上がらなくなる気がします。
      辞書ひいたり単語覚えたり、地道な努力が必要ですよね。。でも今思えば、重要な単語は繰り返し遭遇するので、そのうち覚えちゃうんですけどね。

      なので長い目で見つつ、でも日常会話ができるようになっても満足しないで、学校に行ったりしてフランス語を向上させ続けたほうが、会話の幅が広がってフランス生活が楽しくなる、と私は思います。
      そのうちフランス語で日常生活より踏み込んだ話をするようになったり、新聞とか本がだいたいわかるようになると、日本語の世界と違う世界が広がって、きっとおもしろいです。
      そうなってくると、今度は日本の生きづらさにも自覚的になってくると思います。

      フランス語を勉強すると自分の考え方が変わってくるので、そういうところも楽しんで、気長に勉強しましょう♡私はそんな感じです。

      追伸、préfectureがんばってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です