世の中のことを知るのに日本のメディアだけでは足りない

最近、ニュースの仕入れかたを変えました。

やっと自分の語学力が水準に達したこともあり、このごろは外国語でもいろいろ調べています。

そうすると本当に、世界が広がったような気がします。

海外メディアの記事の大筋がつかめるようになったことをもって、「外国語やってよかった!」と心から思いました。

 

スポンサードリンク

記事の質の違いに衝撃

マーティン・ファクラー著「安倍政権にひれ伏す日本のメディア」

という本を読んで以来、日本にジャーナリズムってあんまり存在しないのかも、という疑いがいよいよ確信に変わりつつあります。

もちろん、日本にもジャーナリストはいるんですけど、それ以上にメディアに関わる人はサラリーマンが多いらしい。

 

そんなことを思っていたある日、「黄色いベスト」デモの記事について、外国語でも記事を読んでみようと思い立ちました。

フランスのメディアが詳しく書くのは当たり前と思ったので、英語でアメリカとイギリスの記事にアクセスしてみたのです。

そうしたらもう、記事を一本読んだだけで勉強になるのなんのって。

運動の背景にどういう事情があるのか、いつ誰が始めたのか、どうして打ちこわしが起き始めたのかetc、私が日本語で読んでいた記事ではここまで踏み込んだことはわからなかった。

うーむこれは重大な違いだ、とびっくりしてしまったのです。

 

Yahoo!ニュースばかり見てる場合じゃない

そういうわけで、ニュースの仕入れ先を変更しました。

具体的には、ツイッターで、気になるメディアや気になる人たちをフォローしています。

それから、ブラウザを開くとついあちこち回遊してしまうので、SNSはブラウザでの閲覧をやめて、モバイルのアプリでだけ見ることにしました。

ブラウザでYahoo!ニュース起点にあれこれタブを開くより、LibérationやThe New York TimesやThe Independentの見出しをツイッターで眺めて、興味があるものをなんとか読んでみようと思うのです。

ちなみにパリローカルニュースのためにLe Parisien、北海道ローカルニュースのために北海道新聞もフォローしています。郷土愛。

 

海外メディアでもっと広い視野を

そうこうしているうちに、ある程度長い外国語の文章でも、興味があれば読めるようになってきました。

最近は、気になるキーワードについて日本語だけだと物足りないとき、辞書を引き引きフランス語や英語の記事を読みます。

外国メディアだと日本国内のあれこれに気を遣わなくてもいいのか知りませんが、より客観的だったり率直だったりして勉強になることが多い。

もちろん、どのジャーナリストやどのメディアが絶対的に正しいということではないので、誠実な記事にたくさん触れることが大切だと思いますが、そのためには海外メディアと日本のメディアの両方にアクセスできるほうが良さそうです。

 

ということで、先ほどの本。

政治的な立ち位置の違いによって星1つのレビューも多いですが、そういう要素を抜きにしても

「日本の新聞はどうしてネット版を充実させられないのか」

「新聞社と通信社の役割」

「記者クラブの問題点」

「ヤクザと日本社会」

など、学ぶことの目白押しの良書だと思います。

共有
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です