Clarksの履きやすい靴で、パリをどんどん歩きまわるのです

最近、フランスではじめて靴を買いました。

靴が合わないと帰宅以外のことを何も考えられなくなるので、日本で買ったものを使い倒したり帰国時に買ったりしていたのですが、そろそろフランス生活も長くなってきたのでいろいろ探してみました。

その結果、デザインが好みで値段もちょうどいいClarksで靴を買いました。

フランスのブランドじゃなくてあれですけど、いい感じです。

 

スポンサードリンク

パリで履く靴

そもそも靴のチョイスですが、日本ではだいたいヒールの靴を履いていたんですよ。

でもパリに来てからは毎日ヒールじゃなくてもいいじゃん、という気分です。

パリにはゆるい感じなのになぜか決まっている人が多数存在するので、気合いが入りすぎているとどうも浮くというか、なんかいけてない。

振り切っちゃってるファッショニスタはもう逆に面白いんですけど、私はファッション一般人なので、普段はやはりゆるい感じで、パリを快適にがしがし歩きまわりたいのです。

 

イギリスの靴メーカー、Clarks

今回靴を買ったClarksはイギリスの老舗ブランドで、デザートブーツで有名なところです。

日本にも店舗がありますし、もちろんネットでも買えます。

https://www.clarks.co.jp/

フランスと日本で品ぞろえはなにか違う気がしますね!

 

ネットで注文、合わなければ返品

最近の世の中ではネットで靴を頼んで、家で履いてみて、合わなかったら返品するのも普通の流れですよね。

そこで、冬のセール中に二足注文してみました。

 

まずはバレリーナシューズ。

イネス・ド・ラ・フレサンジュのパリジェンヌ本を読んだこともあり、欲しかったんです。

 

それから、ブーツ。

ゴッホの絵みたいなかっこいいブーツが欲しかったんです。こういう感じの。

 

ネットで注文して翌週にイギリスから届いたので、さっそく履いてみました。

ブーツはサイズぴったりでしたが、バレリーナシューズは同じサイズでもちょっとゆるい。

よって一度返品して返金。

同時にサイズを変更して再注文して、今度は無事にサイズの合った靴が手に入りました。

 

Clarksの靴、パリ生活に良いです

新しいブーツでさっそく出かけてみましたが、履き心地は上々です。

とにかくデザインが気に入っていて、このカジュアルなブーツと合わせれば、手持ちのスカートもエレガントになりすぎずに着られそうだなと思っています。

だってお行儀よすぎの服装は退屈ですからね。

バレリーナシューズは家でちょっと慣らして、外で履くのはもうちょっとあったかくなってから。

 

ということで、今後もClarksの靴をぜひリピートしたい所存です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク